ブランドの最近のブログ記事

輸入・インポートブランド

かわいいデザインは海外にあり。そう思わせてくれるのが輸入子供服です。韓国の子供服も何かと話題ですが、アメリカからの輸入ブランドも人気があります。輸入ブランドの人気の秘密はやはりそのデザインでしょうね。日本で作られたものでは見慣れたデザインが多いので、ちょっとした刺激を求めて輸入ブランドに興味が行くのだとわたしは推測します。

多かれ少なかれ、日本人って海外の人の体型に憧れを持っていると思うんですよね。長くてキレイな足や、小さな頭など理想的な体型の人、まるで少女漫画のようなスタイルの良さですから、ムリもないです。日本人のモデルと海外のモデルってやっぱりぜんぜんスタイルが違いますからねぇ。

輸入ブランドといっても国産ブランドと比較しても価格も大して変わらないので、これはもうデザインの好みで選べるようになってますよね。輸入物だから品質が悪いというのも最近では減ってきているので子供服を選ぶ楽しさがますます増えてきました。

ラルフローレンのロゴマーク

きました。ラルフローレンです。ラルフローレンというとわたしの中ではブランドの代名詞的なブランドというイメージがあって個人的に高価だと思ってるブランドが子供服まで作っているとは!って感じです。

まぁ同じ服で大人が着るか子供が着るかの違いだけですから特に不思議ではないんですけど。子供のときからラルフローレンが着れますよっていうブランド好きのためのやさしさなのでしょう。

ラルフローレンのロゴは馬に乗ったおじさんのマークでしたよね。あの定番マークが子供服にもつくんですね。このロゴがつくことでブランド価格かぁ。いえ、それだけ作りがしっかりしてて、上質の生地を使ってるってのはわかってるんですよ(^^;

ラルフローレンってスポーツのポロのイメージが強くて会社はイギリスなのかと思ってましたが、アメリカが発祥の地だったんですね。

韓国の子供服について

わたしは韓国の子供服には詳しくないのですが、韓国の子供服が安くてデザインも良いということで人気があるみたいです。日本ブランドの子供服は価格が高いということで、韓国ブランドの子供服と比較するとデザインも良いし安いということだと思います。

ただ、やはり日本製品に比べると縫製の仕方とかボタンの付け方が雑だったりするところがあるようなのは安さゆえのささいな不満でしょうか。

もともと子供服のブランドはよくわからないというか、ぜんぜんわからないのですが韓国子供服のブランドをちょっとリストアップしておきます。どのブランドが人気があるんでしょうかね。

■韓国子供服ブランド

  • HEY LUCY
  • BANK KIDS
  • ANGEL BLUE
  • BANILA CHIP
  • CAPS
  • MARBEL
  • MOAMOA
  • DENIM BUMP
  • PUMPKIN
  • PINK-B
  • BEBESONG
  • I-COZI
  • NEW YORK PAPA
  • AIJIN
  • OLIVIE

ブランド服について

子供服にも大人の服と同じようにブランドがあるんですね。ラルフローレンやルイヴィトンといってブランドではなく、子供服専門で売っているブランドがあってカワイイ系ならこのブランドというものもあるんですよね。最近の子供たちは子供の頃からブランド物を身に着けてファッションに詳しくなっているんでしょうね。日本が世界のファッションリーダーとして注目されているのも納得です。

このページの先頭へ