洋裁道具の最近のブログ記事

型紙を作るときに便利な「紙」や「不織布」

子供服やドレスを作るときの型紙を作るための
用紙にどんな種類があるのかを調べてみました。

普通に「ユザワヤ」などの手芸用品店にいけば
パターンコピー用紙や型紙用紙が売っています。

型紙用紙の他にも調べてみたら
型紙制作に使える用紙や布がありましたので
すこし紹介したいと思います。

■パターンコピー用紙・型紙用紙

一般的なパターンコピー用紙です。
重なりあった実物大型紙も、透けて見えるので
簡単に写し取る事が出来ます。

■型紙用不織布

紙の型紙でありがちなマチ針の穴や破けたりがない
不織布の型紙はアパレル界では常識になっている
便利なスグレモノです。
方眼入りの不織布もあります。

■トレーシングペーパー

型紙として使える最も手軽な紙です。
100円ショップなどでも買えますがA4サイズが多いので
洋服などの大きな型紙を作るときには向かないです。

はじめての洋裁で最初に買うミシンについて

洋裁をはじめるのにほしいものは
やっぱりミシンです。

やろうと思えば手縫いでもできますが
ミシンと比べると何倍も時間がかかってしまいます。

手縫いだと手作りのぬくもり感があって
ハンドメイドの良さが一番出るのですが
ちょっとした時間に気軽に作るのには向きません。

気軽にサッと作るならミシンがあった方が
圧倒的に便利です。

ミシンというと「ブラザー」「ジャノメ」「ジャガー」
が有名なメーカーです。

売れ筋の価格帯は1〜2万円くらいになります。
安いミシンを探せばアマゾンで2,000円くらいで
買えるミシンもありますが、パワーがなかったり
使いづらかったりと良いことはないです。

最初に買うミシンとして購入者からの
評価の高いミシンを紹介します。

家電の価格比較サイトとして有名な「価格.com」で
人気のあるミシンはブラザーの「A35-LG」です。


ブラザー電子ミシンA-35LG(グリーン)
使いやすさを追求していて、ミシンのハラハラを
解消するスーパースローや、らくらく糸通し、デニムなどの
厚みのある物も縫えるので洋裁初心者でも安心です。


本の通販で有名なAmazonで人気のあるミシンは
ブラザー「PS202」です。


brother ブラザー コンピュータミシン CPS4204(PS202)
こちらは液晶ディスプレイがついているのでうっかりミスなども
すぐにわかります。ゆっくり縫うスーパースローも搭載しているので
気軽にソーイングを楽しむのにオススメです。


最近のミシンは購入すると使い方のDVDも付属しているので
動画見ながら設定できるので使い方に悩まずに済みます。

初心者にオススメしたい洋裁・ソーイングの本

これから子供服を手作りする人や洋裁・ソーイングを
はじめようと考えている人にオススメしたいのが
いちばんわかりやすいソーイングの基礎BOOK」です。

洋裁の知識がまったくない人でもわかるように
布地と針と糸、アイロンのかけ方、バイアステープの作り方など
ソーイング未経験の人がわかりやすいように説明されています。

初歩の初歩からわかりやすく写真とイラストで解決されているので
この本が一冊あれば、洋裁で困ることはありません。

特に型紙が中心の本を買うと最低限の説明があっても
用語の説明や作り方を丁寧に説明されていないものが
多いので迷ったときにこの本があると便利です。

価格も1000円程度と安いので経済的です。

一家に一冊あればちょっとしたものを
洋裁で作りたくなります。


いちばんわかりやすいソーイングの基礎BOOK

裁縫道具・洋裁道具

子供服・ドレスを作るのに必要になってくる
洋裁道具であると便利な道具を紹介します。

  • 布切りハサミ
  • 糸切りハサミ
  • 紙切りハサミ
  • 定規
  • 針山
  • まち針
  • 縫い針
  • バイアステープメーカー
  • ミシン
  • アイロン
  • アイロン台
  • 両面接着テープ
  • 袖まんじゅう

このページの先頭へ