子供服をハンドメイドするための型紙選び

子供服はかわいいデザインがたくさんあるので
ワンピースやドレスなど、この服もあの服も子供に
着せてあげたくなって次から次へと購入したくなります。

でも、良いと思った服をドンドン買っていると
家計のやりくりが大変です(^^;

そこで、お金をかけずにハンドメイドするって方法を
考えてみました。

子供服ってサイズも大人服に比べても小さいですよね。
パッとみると子供服って簡単に作れそうじゃないですか?

いえ、そんなにカンタンに手作りできるものじゃないのは
わかってますけど、パッチワークみたいな感じで作れそうな
感じがありませんか?

実際、本屋さんに行くと子供服の作り方の
書籍がたくさん置いてあるんです。

子供服は洋裁ですので手縫いでなくてミシンを
使うので手縫いのように技術やテクニックはいりません。
ミシンで縫うだけっていう作り方もあるので
初めは簡単な服から作り始めるのがオススメです。

手作りで服を作るには大人服も子供服も
型紙というものが必要になってきます。

この型紙の形で服のシルエットが決まってくるので
服の生命線といっても良いものです。

本によっても型紙の形が違うので
好みのシルエットの型紙の本を購入して服を作って
みましょう。

型紙を手に入れる方法としては本を購入する方法と
ネットでダウンロードする方法があります。

わたしがオススメするのは型紙の付いた本を
購入する方です。

なぜなら、型紙をダウンロードした場合、紙に印刷するのが
たいへんだからです。家にあるプリンタでは一番大きな紙でも
A4までしか印刷できないので印刷が面倒です。

ついでに、ダウンロード版の型紙って高いです。
本の方が型紙が沢山付いてて安いってのもオススメする理由です!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年10月26日

tomo (15:48)

カテゴリ:ハンドメイドについて

« 子供ドレスに使われている生地について | ホーム | 子供の着ぐるみを作るのに必要な物 »

このページの先頭へ